運転免許取得に要する期間

免許をとろう運転免許取得に向けて教習所に通う場合、大きくわけて2つの選択肢があります。通学と合宿の2種類です。通学は家から教習所に通って卒業を目指す方法、合宿はほかの参加者達と共に教習所指定の宿泊施設に泊まりながら教習を受け、卒業を目指す方法です。通学と合宿はかかる費用をはじめ、さまざまな違いがありますが、主な違いのひとつとしては卒業までにかかる期間をあげることができます。

通学の場合には、順調に教習を受けて試験に合格したとしても、1ヶ月以上はかかるのが普通です。一方、合宿の場合には、順調にいけば2~3週間で卒業することが可能です。なぜ合宿のほうが短期間で卒業することが可能なのかというと、合宿の場合は日曜などの休日を除いて、教習所が組んだ日程にしたがって毎日一日中学科・技能教習を受けることになります。

通学の場合、技能教習を受けるには予約をすることになるのが普通ですが、混み合っていると予約がいっぱいで希望どおりに技能教習を受けることができず、このような場合には卒業までに要する日数が増えてしまう原因になります。合宿の場合は定員が決まっているため、予約の必要もなく、技能教習が思うように進まないということがありません。

このように、短期間で卒業し、運転免許が欲しいという場合には、合宿のほうが有利です。ただ、通学のほうが長くかかるということで、悪いことばかりではありません。くわしくは別のページで解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。