合宿の良し悪し

合宿で運転免許の取得を目指す場合には、教習所によって少しの違いはあるものの、>2~3週間という短い期間で卒業することが可能です</span。通学では普通、1ヶ月以上の期間が卒業までに必要となるため、この通学より早く卒業できる点が、合宿の大きなメリットといえます。宿泊施設の利用などをするため、通学より高額になると思う人もいるでしょうが、大体20~25万円、安いところでは20万円を切るところもあり、通学の教習所より安上がりになるところのほうが多いです

安く短期間で卒業できるメリットがある合宿ですが、注意しなければいけないことがあります。まず、卒業するまでのあいだ、毎日ほぼ一日中、教習を受けることになります。そのため、仕事をしている、学校があるなど、卒業までのあいだのすべての時間を合宿生活に充てることのできない人には無理です。ただ、一時帰宅を認めている教習所や、託児施設を用意している教習所はあります。

また、仮免や卒検を一発合格できないと、卒業は延びてしまいます。さらに、教習所に保証がなければ再度の教習や試験の費用、延長分の宿泊費用が発生してしまいます。合宿免許で取得を目指すという人は、まとまった日数を確保できるのか確認するほか、万一試験に落ちた場合の費用の保証があるのかをチェックしましょう。

通学の良し悪し

運転免許証通学は1ヶ月以上の期間が教習所を卒業するまでにかかるのが普通です。ただ、多少は合宿より長い期間がかかったとしても、通学を選択したほうがメリットがある人はいます。

通学の場合、合宿のように教習所が決めたスケジュールどおりに教習を受けるわけではありません
。教習所の人の助言を受けつつ自分で計画を立てて、卒業を目指すことになります。日中仕事がある人は、仕事が終わったあとの夕方から教習所に行くことが可能ですし、学校がある人もまた同様です。

これは、合宿にはない特徴です。なかなか教習所に行く時間を確保するのが難しい人も、3ヶ月以上、4ヶ月以上など長期間を費やして、マイペースで卒業を目指すことが可能な点が、通学のメリットといえます。

ただし、あまりダラダラと長い期間をかけているわけにはいかない点に注意が必要です。9ヶ月という教習期限があるほか、仮免の有効期限は6ヶ月間です。そのため、空いている時間はできるだけ教習に充てるようにし、期限切れになってしまうことを避けなければいけません。ただ、あまり混み合っている教習所では、技能教習の予約が思うように取れないことがあります。あまり人が多い教習所を避けたり、学生の多い夏休みや冬休みのような繁忙期を避けたりすることも、早く卒業するためには大切です。

運転免許取得に要する期間

免許をとろう運転免許取得に向けて教習所に通う場合、大きくわけて2つの選択肢があります。通学と合宿の2種類です。通学は家から教習所に通って卒業を目指す方法、合宿はほかの参加者達と共に教習所指定の宿泊施設に泊まりながら教習を受け、卒業を目指す方法です。通学と合宿はかかる費用をはじめ、さまざまな違いがありますが、主な違いのひとつとしては卒業までにかかる期間をあげることができます。

通学の場合には、順調に教習を受けて試験に合格したとしても、1ヶ月以上はかかるのが普通です。一方、合宿の場合には、順調にいけば2~3週間で卒業することが可能です。なぜ合宿のほうが短期間で卒業することが可能なのかというと、合宿の場合は日曜などの休日を除いて、教習所が組んだ日程にしたがって毎日一日中学科・技能教習を受けることになります。

通学の場合、技能教習を受けるには予約をすることになるのが普通ですが、混み合っていると予約がいっぱいで希望どおりに技能教習を受けることができず、このような場合には卒業までに要する日数が増えてしまう原因になります。合宿の場合は定員が決まっているため、予約の必要もなく、技能教習が思うように進まないということがありません。

このように、短期間で卒業し、運転免許が欲しいという場合には、合宿のほうが有利です。ただ、通学のほうが長くかかるということで、悪いことばかりではありません。くわしくは別のページで解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。